働き方

お金の不安から逃れるためのロードマップ

カドクラです。

お金の不安って僕らすごい強いですよね。終身雇用なんて当然のごとくないこの世界で、不安に晒されながら生きていかないといけない。

昔の人は、労働が大変だったかもしれないけど、将来仕事がなくなるかわからないっていう不安にかられたことはないはずなんですよ。

昔の成功法則は全く役に立たない時代になりました。こんな時代に、お金の不安をおそらく、どれだけ稼ぐスキルを身につけても、どれだけ資産が増えても、いつまでも辛いと思います。

  • 自分の力で金を生み出すスキル
  • 金で金を生み出す投資の知識

この2つを持っておくべきです。重要なのは前者の自分の力で金を生み出すスキルです。金で金を生み出す投資の知識に関しては、そこまで難しくないです。

資産1億円持っている人が、年間500万円の投資利益を出すことは全然難しくありません。だけど、自力で500万円稼ぐのはかなり難しいです。

だから、自力で金を生み出して、そのたまったお金でお金を増やすことを考えていかないといけません。

自力で1万円稼げますか?

アルバイトもなしです。会社員もなしです。これらは、すでにある仕組みを回す歯車になって、1万円をもらっているだけです。「稼ぎ出した」わけではないのです。

自力で稼ぐことって、こう考えると難しいです。

僕が初めて1万円を稼いだのは、中学生の時に韓国からある商品を輸入して、国内に転売した時です。自分の趣味のペン回しのペンが韓国で売られていて、それを日本国内で売りました。

この時、月収3万円くらいでした。かなりアグレッシブな中学生ですよね?笑
当時は、やっと光回線が出てきたくらいなんですが、今なら月収1000万円稼ぐ中学生とかも出てきています

実は、会社から当たり前に20万円、30万円の給料をもらっていて、しかもそれに文句を言う人もいると。

「安月給だ〜。こんな会社やめてやる!」

と。でも、自力で1万円稼げるのかというと、そうではない。

実際、1万円稼ぐのってそんなに難しくないです。だけど、思い切りの良さがない。僕の中学生の時って、別に特別なことをしたわけではありません。

当時Amazonがなかったので、韓国のサイトの問い合わせフォームに英語で、

「これとこれください。」

って書いて、お金計算して、送金するだけ。

送られてきたものを、バラして、国内の掲示板で欲しい人を募って、お金もらって送るだけ。これだけ。

わかりますか?

実は、金稼ぎって、スキル×ノリの良さみたいなところが必要です

ネットビジネスで稼ぐ

ネットビジネスで稼ぎます。流れとしては
「アフィリエイト」と「コンテンツ販売」です。

ステップ1:アフィリエイト

時々「アフィリエイトオワコン!」って言われますが、僕自身YouTubeもTwitterもやってません。SNSなんて使わなくてもブログで月収100万円稼げています。

アフィリエイターは、こっそり稼ぐので、そもそも多くの人に自分の意見を届ける必要がないのです。

「アフィリエイトオワコン!」

って言葉を多くの人に届けられる時点で、その人たちは露出で稼いでいるんんです。露出した時の収益の方法が「アフィリエイトだった」ってだけ。

そもそも、個人がなんのリスクもなく、まとまった金額を稼ぐなら、アフィリエイトの一択です。今でも月収100万円はいきます。

ステップ2:コンテンツ販売(アフィリエイト)

コンテンツを売ります。ぶっちゃけいきなりコンテンツ販売できるくらい実績がある人ならいいんですが、そんな人は稀です。

多くの人は何もない凡人。

だから、徹底的にアフィリエイトかなんかで稼いでみる。そして、それをもとにコンテンツを販売します。

いわゆる情報商材の販売です。

僕は、情報商材アフィリエイトをしています。自分が作るよりも、他の人の商品を売っている方がはるかに労力がかからないからです。

しかも、その道のプロの情報を売れるからです。情報商材なんて、いくらでもジャンルがあります。

  • 稼ぐ系
  • 恋愛系
  • ナンパ系
  • セックス系
  • スポーツ系
  • 英語系
  • 勉強系
  • 受験系

などなど。僕は受験系、恋愛系、ナンパ系、稼ぐ系と色々やっています。

世の中では情報商材が忌み嫌われていますが、僕はその人の自分の独自のノウハウを作り上げる世界が楽しいし、情報商材が好きなんですよね。

別にどれだけ情報商材が嫌われても、僕は情報商材が好きなので、書い続けるし、売り続けますね。

「情報商材屋!」

みたいに揶揄しているけど、何もできない雑魚を見ると、本当に呆れてものが言えないですね。

今、僕は会社でも働いているのですが、情報商材嫌ってる無能っていっぱいいます。僕は会社の中でそこそこの地位にいるんですが、その大半は情報商材で得た知識です。

金で金を生み出す

この話は、最低貯金が1000万円を超えて、余剰金が700万円くらいできてからの話です。

株を始めます。不動産をやってもいいのですが、リスクは高いです。それに、なんか長く持ち続けて、長い年月で損益分岐点を迎えるみたいなビジネスモデルが好きじゃないんですよね。

変化がないし、それに借金をして、地震のリスクもあるので、不動産系は持たないと。ちなみに、不動産系にリスクヘッジしたければREITって言うインデックスファンド買えばいいんですよ。

まあ、この辺りはまた別の機会に話そうと思います。

今回は株です。やることは、「会社の価値の判断」+「テクニカル分析」です。

ぶっちゃけ、指標を見て、上昇するかどうかを判断する「トレーダー」的視点も持っておいて損はないし、「会社の価値を判断」のような会社の価値を見極めてする「投資家」的視点も持っておくべきです。

これができれば、「テクニカル的にも」「投資家的にも」うまくいく時に大きくかけることができます。

投資ってのは、うまくいく時だけ株を買えばいいんです。見逃し三振はないんです。現金で持っておけば、お金は減ることはない。ノーリスク(インフレがあるので、ずっと持ち続けるのは愚作)

ぶっちゃけ、年間20~30%はそこまで難しくないです。僕の場合は、株で稼ぐ金額は年間300万円くらい。しかもそれほどリスクを取らずにです。

世の中になんの価値も見出すことなく、スマホでポチポチするだけで稼げるのが株の良さです。300万円を副業で稼ぐのは、最初は勉強が必要だし、努力も必要。

ですが、労働自体は、そこまでずっと続けるものではありません。これがアフィリエイトやコンテンツ販売の良いところで、途中から労働時間が減っても収入が上がり続ける現象がおきます

なので、そこまで努力して行きましょう。

「ネットビジネス収入」+「株式投資の収入」ができていきます。

これが複利です。お金は投資に回せば次々に大きくなって行きます。